Latest Entries

ごあいさつ

アンサンブル室町:時間と空間を超えた表現を求めて

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

このアンサンブルは、秀吉が居城にチェンバロを所有していたという史実にインスピレーションを得て、2007年春にローラン・テシュネ、簑田弘大、市瀬陽子によって設立されました。メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。



Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「源氏物語」作品紹介〜第3弾

作曲家・福田恵子の選んだテーマは、「末摘花」

sue_MG_1653_convert_20130410180903.jpg

「花摘む末に」
カウンターテナー ・ 尺八 ・ バロックチェロ ・ 打楽器による(2012/委嘱世界初演)
源氏物語五十四帖の中から一つを決めることに、さほどの迷いはなかった。 選んだ帖は「末摘花」。 源氏の君が暁の雪明りのなかで垣間見た姫は、先の紅い垂れ下がった長い鼻の持ち主だった、という、或る種狂言的意味合いを持つ帖である。 遠く千年の時空を超えて、私のDNA(根源)がこの気の毒なお姫様を選んだような気がしている。作曲にあたっては、物語そのものを意識するというより、紫式部がこの帖を入れた作意、効果などに思いをはせながら音を紡いでいった。もちろんこの純粋なお姫様を心に留めながら・・・・ 
カウンターテナーの声に載せる心惹かれる和歌をなかなか決められずにいたが、結局源氏の君がつい本音を詠んでしまった歌「なつかしき色ともなしに何にこの 末摘花を袖にふれけむ」を選んだ。・・・(一部省略。プログラムノートより)
上杉清仁(カウンターテナー)・黒田静鏡(尺八)・篠田浩美(打楽器)・山澤慧(バロック・チェロ)
スポンサーサイト

6月公演『帝国の建設者』のお知らせ

アンサンブル室町6月公演
〜演劇と和楽器+古楽器のコラボレーション〜

ボリス・ヴィアン作『帝国の建設者』
6月12日(水)2回公演:14時/19時
会場:北沢タウンホール http://kitazawatownhall.jp


S_mrmc_boris_OMOTE.jpg  S_mrmc_boris_URA_2.jpg


「アンサンブル室町」は6月、演出家石丸さち子の協力を得て、戯曲『帝国の建設者』を上演します。
 姿のみえないものに脅かされ、生きるためにより悪い生活環境へ逃げ延びながら、少しずつ人生の大切なものを失い、そのいっぽうで不満のはけ口を弱者へ向ける。ボリス・ヴィアンの遺作となったこの作品は、時代を超えてわたしたちの現在の状況を照らし出しています。エゴイズム、自由、暴力、生きる意味、そうした問題を、鋭く、せつなく、ばかばかしく、飄々と、『帝国の建設者』はわたしたちに突きつけ、感じさせ、考えさせます。
 この不条理劇に、1968年生まれの日本人作曲家・久木山直が13の楽器編成の委嘱作品で音楽的な広がりを与えます。

ストーリー
40代のブルジョワ夫婦、その娘ゼノビ、女中のクリュシュは2つの要素に動揺させられ、引っ越しを繰り返している。1つは奇妙な音、そして2つ目は全身包帯に包まれたシュミュルツという“人間の様な存在”。そして引っ越しの度に住む場所はどんどん狭くなっていく・・・一体どこまで続いて行くのだろうか?

演劇:ボリス・ヴィアン原作『帝国の建設者』
翻訳:岩切正一郎
音楽:久木山直 委嘱作品
演出:石丸さち子
照明:松本永
音楽監督:鷹羽弘晃
芸術監督:ローラン・テシュネ


出演
父親レオン:菊沢将憲
母親アンナ:石丸さち子
娘ゼノビ:清水那保
女中クリュシュ:間宮あゆみ
隣人ガレ:伊藤靖浩
シュミュルツ:ディディエ・ダブロフスキ


演奏 : アンサンブル室町
篠笛:あかる潤      リコーダー:野崎剛右
尺八:黒田静鏡      バロックバイオリン:須賀麻里江
三味線:守啓伊子     バロックチェロ:山澤慧
笙:中村華子       バロックギター:山田岳
琵琶:神田亜矢子     チェンバロ:流尾真衣
箏:日原暢子       打楽器:石若駿
打楽器:小川実加子    


チケット予約
一般:4,000円(前売り:3,500円)/学生:3,000円(前売り:2,500円)
Confetti(カンフェティ) http://confetti-web.com/
0120-240-540*通話料無料(受付時間 平日10:00~18:00)

お問い合わせ
マネージメント:武智音楽事務所 担当:070-6550-1376
アンサンブル室町事務局 email : office@ensemblemuromachi.or.jp

Extra

プロフィール

アンサンブル室町

Author:アンサンブル室町

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。