Latest Entries

ごあいさつ

アンサンブル室町:時間と空間を超えた表現を求めて

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

このアンサンブルは、秀吉が居城にチェンバロを所有していたという史実にインスピレーションを得て、2007年春にローラン・テシュネ、簑田弘大、市瀬陽子によって設立されました。メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。



Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回レクチャーコンサート開催のお知らせ

Lecture Concert2
〜声明+ルネッサンスパーカッション〜

ちらし表    ちらし裏

開催日時:2014年10月5日(日)
     開場14時30分 開演15時00分
会場:代官山教会
   (東京都渋谷区代官山町14-3)


出演
斎藤説成(声明)
飯塚直(ルネッサンスパーカッション)

委嘱作品・初演
五十嵐琴未
『竜、聞法花読衣誦、依持者語降雨死語(りう ほくゑのどくじゆをきき ぢしやのかたらひによりてあめをふらしてしにたること)〜声明とルネサンス打楽器のための』

黒田崇宏
『庭〜声明と打楽器のための』


2013年よりアンサンブル室町が新しく「レクチャーコンサートシリーズ」を始めました。このシリーズの目的は以下の通りです。
・聴衆と演奏者が、芸術表現の空間を友好的に共有すること。
・日本の伝統楽器と西洋の古楽器が混然一体となった響きを、親密菜方法(デュオ、トリオ、カルテットなどの編成)で繊細に感じ取れるようにすること。
・古今の膨大な音楽レパートリーのなかを柔軟に旅すること。
・演奏家や作曲家自身が、それぞれの楽器や作品について、聴衆に活き活きと語り紹介すること。
アンサンブル室町の新プロジェクトの発展を支え、その芸術的な活動を鼓舞するためにも、是非お出かけ下さいます様願っております。
アンサンブル室町代表
ローラン・テシュネ


チケット
一般¥2,000  学生¥1,000

予約・お問い合わせ
アンサンブル室町事務局
Tel: 070-1339-7427
Email: office@ensemblemuromachi.or.jp
スポンサーサイト

Extra

プロフィール

アンサンブル室町

Author:アンサンブル室町

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。