Latest Entries

ごあいさつ

アンサンブル室町:時間と空間を超えた表現を求めて

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

このアンサンブルは、秀吉が居城にチェンバロを所有していたという史実にインスピレーションを得て、2007年春にローラン・テシュネ、簑田弘大、市瀬陽子によって設立されました。メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。



Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/tb.php/10-57742135
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

第一回公演(2008年11月)の動画(その5)

アンサンブル室町第一回公演から、中本芽久美作曲、「After a hundred years ...for Biwa, Baroque Violin and Harpshichord 」の抜粋です。

当日配布されたプログラムに掲載された、作曲家からのメッセージです。
邦楽器と古楽器の曲を書くと言う事は、私にとって全く新たな試みでした。作曲中、自分の中の西洋と東洋がせめぎあい、苦心しましたが、西洋的なものと東洋的なものの底に共通して流れるものを、聴きとっていただければ幸いです。 題名は、エミリー・デキィンソンの詩の一節、“After a hundred years Nobody knows the Place...”からとりました。


撮影:林 敏英






スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/tb.php/10-57742135
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

アンサンブル室町

Author:アンサンブル室町

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。