Latest Entries

ごあいさつ

アンサンブル室町:時間と空間を超えた表現を求めて

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

このアンサンブルは、秀吉が居城にチェンバロを所有していたという史実にインスピレーションを得て、2007年春にローラン・テシュネ、簑田弘大、市瀬陽子によって設立されました。メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。



Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/tb.php/13-10759c43
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

第一回公演(2008年11月)の動画(その8)

アンサンブル室町第一回公演から、張替夏子作曲、「追憶の風」の抜粋です。

当日配布されたプログラムに掲載された、作曲家からのメッセージです。
「同じように風が吹いていた、同じように光が射していた、同じように陽が昇り、同じように一日が終わる、なにげない日常の端々に垣間見える悠久の昔に想いを馳せてみた」
曲は笙の独奏から始まる。笙は絶え間なく揺れ動く風、光を思いながら書いた。トラヴェルソは時に本来持っている繊細なイメージを脱却するような、荒々しい表現を要求した。三味線は時を刻む、軸の役割としてイメージした。ガンバは全体の起伏をつけるきっかけになる役割を担っている。このアンサンブルからしか生まれる事のない、まるで宮殿と神殿が合体した風景が見えてきそうな不思議なサウンドを感じて頂けたら幸いです。

花柳美輝風による舞踊とともにお楽しみください。

撮影:林 敏英






スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/tb.php/13-10759c43
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

アンサンブル室町

Author:アンサンブル室町

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。