Latest Entries

ごあいさつ

アンサンブル室町:時間と空間を超えた表現を求めて

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

このアンサンブルは、秀吉が居城にチェンバロを所有していたという史実にインスピレーションを得て、2007年春にローラン・テシュネ、簑田弘大、市瀬陽子によって設立されました。メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。



Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/tb.php/14-75fd5ae1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

第一回公演(2008年11月)の動画(その9)

アンサンブル室町第一回公演から、小林弘人作曲、「接点」の抜粋です。

当日配布されたプログラムに掲載された、作曲家からのメッセージです。
露と落ちて地に還り、露と消えて天に昇る。天と地の接するところで慌しく過ごす中、秀吉の句は諦めにも似た寂寥の念を想わせる。抗うことの敵わない自然、時間の経過といったことへの畏れにとらわれながら作曲を始めた。その過程で、秀吉の句への印象は次第に形を変えて行き、清々しい風のような、自己から開放されるような、当初とはまったく違うものとなった。これが辞世の句であったことは、残されたものにとって、今は救いのようにも感じられる。音楽の推移(今回は作曲の進行と同義)と共に変化する印象は、舞台上の演奏でまた新たな姿を見せるに違いない。


撮影:林 敏英






スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/tb.php/14-75fd5ae1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

アンサンブル室町

Author:アンサンブル室町

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。