Latest Entries

ごあいさつ

アンサンブル室町:時間と空間を超えた表現を求めて

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

このアンサンブルは、秀吉が居城にチェンバロを所有していたという史実にインスピレーションを得て、2007年春にローラン・テシュネ、簑田弘大、市瀬陽子によって設立されました。メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。



Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/tb.php/3-4b7f1508
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

第一回公演(2008年11月)のご報告

2007年11月16日、『北とぴあ国際音楽祭』の助成を受けて、アンサンブル室町は北とぴあつつじホールで第一回公演を行いました

アンサンブル室町の第一回公演では多彩な芸術表現の統合をこころみました。

  • 1. 新作初演:11人の作曲家による11の新作の初演

  • 2. 舞踊:初演作品への振り付け

  • 3. 歴史:能の謡による豊臣秀吉の書簡の引用

  • 4. 演劇:エリック・サティ(1866-1925)の「スポーツと気晴らし」を俳優が演じ、アンサンブル室町が演奏(本公演のための編曲版)。

この4つの要素が2部の1時間45分の公演に構成されました。

色彩による視覚効果:
楽器奏者と日本舞踊の舞踊家の衣装は藤色、能の役者は黒、三人の俳優はそれぞれ青・黄・緑の衣装。白と金を基調とした舞台、光と陰...

舞台のみならず客席も使って、スペクタクルが展開されました。
1. 新作初演

多様なバックグラウンドをもつ若い11人の作曲家による11の小品が演奏されました。

それぞれの作品の楽器編成はデュオから合奏まで様々ですが、和楽器とバロック楽器を用いることをルールにしました。

また、楽器紹介のワークショップ、作曲家の指導によるリハーサルなど楽器奏者と作曲家のコラボレーションにも取り組みました。
2. 舞踊の新作

日本舞踊の舞踊家が新作から3 曲を選び、アンサンブル全体で演奏されたサティの「タンゴ」とともに振り付けを作成しました。
3. 歴史:秀吉の書簡

    露と落ち
       露と消えにし
          我が身かな


豊臣秀吉は安土城に楽器を多数保有しており、そのなかにはヨーロッパから初めて輸入されたものも含まれていました。たとえば「クラーヴォ」と呼ばれる初期のチェンバロです。もしかしたら、秀吉がチェンバロに触る機会があったかもしれません。

秀吉は生前多くの書簡を残しました。そのいくつかをこのコンサートのライトモチーフとして、曲と曲の間に能楽師の謡いによって読み上げました。
そして、最も象徴的な辞世の句、「露と落ち...」が本公演のタイトルとなったのです。
4. 演劇:エリック・サティ、「スポーツと気晴らし」

秀吉の辞世の句という「歴史的な重み」…。

しかしアンサンブル室町はいわゆる「歴史的」コンサートによってスタートすべきではないと考え、エリック・サティ(1866-1925)のシュール・レアリスムという「強烈な」様式によってバランスをとることになりました。

こうして歴史/重量感/現実感と想像/軽やかさ/現実逃避のあいだの均衡を通じて、感情表現と人間性という共通点を追求することになったのです。

能楽師が謡う豊臣秀吉の書簡がコンサート全体を貫く一方、サティの「タンゴ」が音楽と演劇のクライマックスを作り上げました。
コンサートの写真、映像、音声など、これからアップロードする予定です。お楽しみに!


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/tb.php/3-4b7f1508
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

アンサンブル室町

Author:アンサンブル室町

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。