Latest Entries

ごあいさつ

アンサンブル室町:時間と空間を超えた表現を求めて

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

このアンサンブルは、秀吉が居城にチェンバロを所有していたという史実にインスピレーションを得て、2007年春にローラン・テシュネ、簑田弘大、市瀬陽子によって設立されました。メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。



Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/tb.php/4-22735271
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

第一回公演(2008年11月)に頂いた批評

アンサンブル室町第一回公演によせられた批評です。
和楽器+古楽器で若手中心に斬新な舞台を作った旗揚げ。…巧みなアンサンブルと、豊臣秀吉の書簡をもとにした謡い…舞踊を伴うエリック・サティ《スポーツと気晴らし》(室町用アレンジ)の断片的な挿入…舞台狭しと化学反応を繰り返す刺激的な一夜。(『音楽現代』2008年1月号
時間の流れと共にステージには不思議な空間が生まれ、過去と現在が結び付く。…流れに身を任せて見て(聴いて)いると、ステージ上での展開と共に様々な感情が湧き上がってくる。それはクラシックの演奏会にはない、もっと我々の身近にある感情である。ともあれ、アンサンブル室町のこれからの活動に注目したい。(『ムジカノーヴァ』2008年2月号


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/tb.php/4-22735271
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

アンサンブル室町

Author:アンサンブル室町

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。