Latest Entries

ごあいさつ

アンサンブル室町:時間と空間を超えた表現を求めて

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

このアンサンブルは、秀吉が居城にチェンバロを所有していたという史実にインスピレーションを得て、2007年春にローラン・テシュネ、簑田弘大、市瀬陽子によって設立されました。メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。



Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回公演(2008年11月)の動画(その10)

アンサンブル室町第一回公演から、篠田大介作曲、「TWINE 」の抜粋です。

当日配布されたプログラムに掲載された、作曲家からのメッセージです。
TWINEとは「絡む」という意味になります。珍しい組み合わせの楽器達が絡み合い、新鮮な音楽が生まれることを願いながら作曲しました。


撮影:林 敏英






第一回公演(2008年11月)の動画(その11)

アンサンブル室町第一回公演から、伊東光介作曲、「松露 ~ choro ~」の抜粋です。

当日配布されたプログラムに掲載された、作曲家からのメッセージです。
本の反対側に位置する、ブラジルのポピュラー音楽の一種であるchoro(ショーロ)の形式を借りて、サンバやボサノバ、そして童謡的、ロックバンド的要素を取り込み、洋楽器と古楽器の編成で、今日まさに日本で演奏されるこの曲は、それらの多重のコラボレートによって、過去への敬意と未来への投射という時間的そして心情的な交錯を表します。

花柳美輝風、藤間豊彦の舞踊とともにお楽しみください。

撮影:林 敏英



伊東光介のホームページ、「即興表現~音楽と言葉の世界~」はこちらからどうぞ





第一回公演(2008年11月)の動画(その12)

アンサンブル室町第一回公演から、鷹羽弘晃作曲、「"MP" - Ensemble Muromachi version」の抜粋です。

当日配布されたプログラムに掲載された、作曲家からのメッセージです。
この作品は演奏家がそれぞれの音を聴きあうことで、パートナーを探すという現場である。
Meeting Pointほとんどが演奏家の裁量に任せられているこの譜面で東西の古の音を聴いた時、懐かしさと共に新たな可能性を感じた。


本作品はアンサブル全体で演奏される、一番大きな編成の作品です。「ライトモチーフ」のイメージを作り出すために、三部に分けて演奏されました。

撮影:林 敏英






Extra

プロフィール

アンサンブル室町

Author:アンサンブル室町

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。