Latest Entries

ごあいさつ

アンサンブル室町:時間と空間を超えた表現を求めて

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

このアンサンブルは、秀吉が居城にチェンバロを所有していたという史実にインスピレーションを得て、2007年春にローラン・テシュネ、簑田弘大、市瀬陽子によって設立されました。メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。



Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサンブル室町 「源氏物語」 GENJI MONOGATARI

Chirashi omote_4
この度、アンサンブル室町の第7回公演「源氏物語」を、皆さまにご紹介できますことを心より光栄に、また幸せに思っております。

 アンサンブル室町は、私を受け入れてくれた国、日本において、教育的活動以外に私が最も情熱を注ぎ込んでいる芸術上の冒険ともいえるものであります。
 今回の公演のために「源氏物語」を何回も読み直し、そこに日本独自の自由の本質、文化的芸術的な繊細さを感じ、更に、類稀なる精神の洗練を見いだしました。
 より人間的で連帯しあった、そして創造に富んだ将来に向かって進んでいくため、私たちの時代が、このように尊い文化的遺産の中で引き継がれてきた、かつての本当の意味での豊かさに気づくこと。このことが私の最たる願いです。
是非公演に足をお運び頂き、皆さまともに同じ思いを分かち合って頂ければ、幸いです。

平成24年11月

ローラン・テシュネ

J’ai l’honneur et le bonheur de vous inviter au VIIIe Spectacle de l’Ensemble Muromachi qui est, hormis mon activite pedagogique, l’une des plus passionnantes aventures artistiques qu’il m’est donne de vivre dans mon pays d’accueil, le Japon.

Grace a ce spectacle j’ai beaucoup relu Le Dit du Genji, j’y ai trouve l’essence meme de la liberte originelle au Japon, la delicatesse culturelle et artistique et un immense raffinement psychologique.

Que notre epoque soit plus consciente des vraies richesses d’autrefois que nous avons la chance de recevoir en precieux heritage,pour avancer vers un futur plus humain, plus solidaire et plus creatif,tel est mon souhait le plus cher que je vous remercie par avance de partager avec nous,

Laurent Teycheney

----------------------------------------------------------------------------------------

アンサンブル室町 次回公演 『源氏物語』

世界最古の心理小説と言われる「源氏物語」。
4人の作曲家に、光源氏の恋愛模様からインスピレーションを得た新たな作品を委嘱し、この冬アンサンブル室町7本目のスペクタクルが誕生します。
音楽、芝居、舞踊を通じて、宮廷の洗練された、また人間的な世界を、全く新しい現代的な方法で描きます。

アンサンブル室町とは
アンサンブル室町は、2007年結成。和楽器とヨーロッパのバロック古楽器のアンサンブルとして、複合文化芸術をすすめる活動を行って参りました。
既に30を超える委嘱作品の初演を行っており、また、教育的目的により、ワークショップやレクチャーコンサートなどの分野でも活動を続けています。
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/


『源氏物語』
<開催日時・場所>
2012年12月15日(土) 昼・夜2回公演
14時開演(13時半開場)
18時開演(17時半開場)
於:紀尾井小ホール

http://www.kioi-hall.or.jp/


<プログラム>
網守将平 『OFFULA』委嘱初演、一柳慧 『ミラージュ』(1998年)日本初演、金子篤夫 『INTERMEZZO』(1977年)テシュネ編曲、初演
オレリアン・デュモン 『KAIMAMI』委嘱初演、 福田啓子 『花摘む末に』委嘱初演、 増本伎共子『葵之上』委嘱初演 (50音順)

<出演>
ソプラノ     野々下由香里
カウンターテナー 上杉清仁
能 ワキ方  安田登
能  青木涼子
演劇  河内大和
日本舞踊     花柳美輝風
         藤間豊彦
笙        石川 高
指揮       鷹羽弘晃
演出・芸術監督  ローラン・テシュネ

<チケット>
一般 \4000、学生\2500

<お申し込み・お問い合わせ>
e-mail: ensemble_muromachi@yahoo.co.jp
電話:03-3371-1250 (日本語)、03-3795-8596 (francais/English)
武智音楽事務所
http://homepage2.nifty.com/takechi/


Le prochain spectacle de L’ENSEMBLE MUROMACHI

L’Ensemble Muromachi est particulièrement heureux de vous convier à son prochain et VIIème Spectacle :
« LE DIT DU GENJI »,
qui aura lieu le Samedi 15 décembre 2012 à 14 et à 18 heures (deux
représentations) au Kioi Hall de Tokyo
http://www.kioi-hall.or.jp/

THEME
« Le Dit du Genji », considéré comme l’un des plus anciens romans psychologiques (époque Heian au Japon ou debut Ⅺème siècle chrétien), relate de manière extrêmement poétique les amours libertines du Prince Genji.
Ce nouveau spectacle illustre de façon résolument contemporaine, et à travers Musique/Théâtre et Danse, cet univers raffiné et humaniste de la Cour Impériale japonaise.

L’ENSEMBLE MUROMACHI, qui depuis 2007 réunit des instruments anciens « pluri-civilisationnels » (instruments traditionnels japonais et instruments baroques européens), a déjà assuré plus d’une trentaine de créations mondiales tout en ayant une action plus spécifiquement pédagogique en organisant des Ateliers, des Lecture-Concerts et autres projets.
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/


PROGRAMME
des créations mondiales de Aurélien DUMONT (KAÏMAMI), de Shohei AMIMORI (OFFULA), de Keiko FUKUDA (Hana tsumu sue ni), de Atsuo KANEKO (Intermezzo) et de Kikuko MASUMOTO (AOÏ NO UE), ainsi qu’une création japonaise de Toshi ICHIYANAGI (Mirage).


INTERPRETES
Yukari NONOSHITA (soprano)
Sumihito UESUGI (Contre-ténor)
Noboru YASUDA et Ryoko AOKI (Nô),
Hirokazu KOUCHI (acteur)
Toyohiko FUJIMA et Mikifuu HANAYAGI (danse japonaise « Nihon Buyo ») Koh ISHIKAWA (sho), Ensemble Muromachi placé sous la direction de Hiroaki TAKAHA Laurent TEYCHENEY (mise en scène et direction artistique).

RESERVATION
Prix des places : 4000 yens (adultes), 2500 yens (étudiants) email : ensemble_muromachi@yahoo.co.jp téléphone : 03-3371-1250 (japonais), 03-3795-8596 (français/anglais) Takechi Ongaku Jimusho Management http://homepage2.nifty.com/takechi/


ENSEMBLE MUROMACHI’s next performance
The Tale of Genji

ENSEMBLE MUROMACHI would be happy to announce you our new and the 7th
performance:
The Tale of Genji
which will be taken place on the 15th December 2012, at Kioi Hall.

The Tale of Genji, considered to be one of the most ancient psychological novel in the world, written in the Heian Periode in Japan, early years of the 11th century, concentrates on Prince Genji's romantic life in a very poetic way.
Our new performance will represent the refined and humanistic world of the aristocratic society of that time, through music, dance and act, in a very comtemporary style.

About the ENSEMBLE MUROMACHI
ENSEMBLE MUROMACHI has since 2007 harmonized ancient “plural civilizational” instruments (Japanese traditional instruments and European baroque instruments), and accomplished already more than 30 world premier creations. They are also active in the activities for educational purpose, such as workshop, lecture-concert and other projects.
http://ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/


DETAILS
Date: Saturday 15th December 2012
Time: Starts at 14:00 (Doors open at 13h30), and at 18:00 (Doors open at 17:30)
Place: Kioi Hall
http://www.kioi-hall.or.jp/

Program:
The World Premier of Aurélien DUMONT (KAÏMAMI), of Shohei AMIMORI (OFFULA), of Keiko FUKUDA (Hana tsumu sue ni), of Atsuo KANEKO (Intermezzo) et of Kikuko MASUMOTO (AOÏ NO UE), and also the Japan Premier of Toshi ICHIYANAGI (Mirage).

Credits:
Yukari NONOSHITA (Soprano), Sumihito UESUGI (Countertenor) Noboru YASUDA and Ryoko AOKI (Nô) Hirokazu KOUCHI (Actor) Toyohiko FUJIMA and Mikifuu HANAYAGI (Japanese Dance « Nihon Buyo ») Koh ISHIKAWA (Sho) Ensemble Muromachi conducted by Hiroaki TAKAHA Laurent TEYCHENEY (Direction and Artistic Director).

Tickets:
Price : 4000 yens (Adulte), 2500 yens (Student)

Reservation:
E-mail : ensemble_muromachi@yahoo.co.jp
Tel: 03-3371-1250 (Japanese), 03-3795-8596 (French/English) Takechi Ongaku Jimusho Management http://homepage2.nifty.com/takechi/
Chirashi ura_6

第一回レクチャーコンサート 〜尺八+リュート+バロック・チェロ〜

F_OL_20120828flier_omote.jpg F_OL_20120828flier_ura.jpg

日本の伝統楽器と西洋古楽器の渾然一体となった響きを味わって頂けるだけでなく、演奏家や作曲家自身が、それぞれの楽器や作品について活き活きと語りかける、レクチャーコンサートとなっております。是非お越し下さい。

日時:2012年10月4日(木) 開場18:30、開演19:00
於: 近江楽堂 東京都新宿区西新宿3−20−2 東京オペラシティ3F

内容:演奏+奏者による各楽器の紹介+2人の作曲家による作品紹介

(曲目)
桑原 ゆう『またたきのあわい』 (委嘱作品・初演)
李 義敬 『Let me die in the spring beneath the cherry blossoms』(委嘱作品・初演)
15−16世紀の作品 (作曲者不詳)
Jacques Hotteterre ジャック・オトテール(1674-1763)
François Couperin フランソワ・クープラン (1668-1733)
Jean-Philippe Rameau ジャン=フィリップ・ラモー (1683-1764)
Johann-Sebastian Bach ヨハン・ゼバスティアン・バッハ (1685-1750)、他

(出演)
尺八:黒田 静鏡
リュート:佐藤 亜紀子
バロック・チェロ:山澤 慧

チケット: 一般 \2’500 学生 \1’500
ご予約は、メールかお電話にて承ります。(当日引換え)
e-mail: ensemble_muromachi@yahoo.co.jp
tel: 070-5246-5788(田中)

「塔」「元素」 ~塔に見る夢、未来に捧げる祈り~

muromachi_flyer120217+olcs2cmyk-omote

チラシ裏


公演日 2012年3月11日
東京都江戸東京博物館1Fホール
 (http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

 第一部 「塔」
  開演15時
      作曲 山下恵(2008年)、酒井健治(初演) 
      演劇 ジャン・コクトー「エッフェル塔の花嫁花婿」 
      振付 山本裕
  
 第二部 「元素」 開演16時10分
      作曲 権代敦彦(2011年)
ジャン=フェリ・ルベル(1737年)
      振付 井上大輔 


  
演奏会によせて

日本に突如襲いかかり世界を震撼させた大惨事からちょうど1年後の同月同日、アンサンブル室町は公演を通して、大震災ですべてを失われた方々へのオマージュ、そして希望のメッセージを皆さまにお届けしたいと存じます。

公演は2部構成となっています。
第1部「タワー」はジャン・コクトーの『エッフェル塔の花嫁花婿』の台本の元、演劇とコンテンポラリーダンスと山下恵・酒井健治両氏作曲音楽とのコラボレーションです。第2部「元素」はコンテンポラリーダンスと権代敦彦・ジャン=フェリ・ルベル両氏作曲音楽と声明とのコラボレーションです。
つまりこの公演は、シュールレアリスム的な夢と瞑想的な祈りという、人類の起源から常に人間と共に存在してきた2つの側面(聖と俗)に同時に訴えかけているのです。

なぜなら藝術の創造は、人間が試練を乗り越え、(人間を)超越して、新たな道を切り開き、平和と愛の世界の構築へと一緒に歩み続けるのを助けてくれるものだからです。

アンサンブル室町代表 ローラン・テシュネ

--------------------------------------------------------------------------

アンサンブル室町について

アンサンブル室町は、北とぴあ音楽祭(東京)をきっかけに、バロック時代の古楽器と伝統的和楽器の演奏家、舞踊家、俳優、そして広く開かれた芸術的対話に関心をもつ人々が集まって結成されました。これまでに、「豊臣秀吉の夢」(2007、北とぴあ つつじホール)、「邯鄲の夢」(2008、サントリーホール)、第1回「ワークショップ/コンサート」(2009、東京藝術大学)、「ポール・クローデルの百扇帖1」(2010、日本大学カザルスホール)、「ポール・クローデルの百扇帖2」(2011、東京文化会館)、「元素」(2011、サントリーホールブルーローズ)など数々の公演をおこない、約25の作品(権代敦彦、酒井健治、エディット・ルジェ、成田和子、山本和智、末吉保雄、アラン・モエーヌ、山下恵、他)を初演してきた。また、今後は楽譜出版、録音、国際作曲コンクールの開催などのプロジェクトも予定されている。




芸術監 ローラン・テシュネ Laurent Teycheney

「タワー」演出 石丸さち子 Sachiko Ishimaru
「元素」ダンス監修 伊藤キム Kim Itoh

舞台監督 城崎祐司 Yuji Shirosaki
舞台監督サポート 原口佳子 Yoshiko Haraguchi
制作 山田未代 Miyo Yamada
照明 吉本有輝子 Yukiko Yoshimoto

作曲 権代敦彦 Atsuhiko Gondai
酒井健治 Kenji Sakai
山下恵 Megumi Yamashita

指揮 鷹羽弘晃 Hiroaki Takaha

「タワー」役者 秋草瑠衣子 Ruiko Akikusa
河内大和 Yamato Kawachi
長尾純子 Junko Nagao
野口卓磨(責任者) Takuma Noguchi
「タワー」ダンス   池川恭平 Kyohei Ikegawa
高橋純一 Junichi Takahashi
  船木こころ Kokoro Funaki
  山本裕(振付・責任者) Yu Yamamoto
「元素」ダンス 井上大輔(振付・責任者) Daisuke Inoue
 入手杏奈 Anna Irite
辻田 暁 Aki Tsujita
山下 彩子 Ayako Yamashita

オルガン 大平健介 Kensuke Ohira
新妻由加 Yuka Niitsuma
チェンバロ 流尾真衣 Mai Nagareo
ヴィオラ・ダ・ガンバ 小澤絵里子 Eriko Ozawa
橋爪香織 Kaori Hashizume
バロック・チェロ 原力海 Rikkai Hara
山澤慧 Kei Yamazawa
バロック・バイオリン 後藤作楽 Sakura Goto
堀内由紀 Yuki Horiuchi
須賀麻里江 Marie Suga
バロック・コントラバス 原田遼太郎 Ryotaro Harada
リコーダー 森吉京子 Kyoko Moriyoshi
バロック・ファゴット 鈴木禎 Tadashi Suzuki
トラヴェルソ 新井道代 Michiyo Arai
長島有紀 Yuki Nagashima
リュート        佐藤亜紀子 Akiko Sato 
打楽器 篠田浩美 Hiromi Shinoda
バロック・オーボエ 小野智子 Tomoko Ono


声明 斎藤説成 Setsujo Saito
三味線 守啓伊子 Keiko Mori
簑田弘大 Kohdai Minoda
山崎千鶴子 Chizuko Yamazaki
箏 田中奈央一 Naoto Tanaka
日吉章吾 Shogo Hiyoshi
平田紀子 Noriko Hirata
日原暢子 Yoko Hihara
琵琶 久保田晶子 Akiko Kubota
笙 石川高 Ko Ishikawa
能管 滝沢成実 Narumi Takizawa
篠笛 あかる(北川)潤子 Junko Akaru
尺八 渡辺元子 Motoko Watanabe
黒田静鏡 Seikyo Kuroda
打楽器 小川実加子 Mikako Ogawa
篳篥 鈴木絵理 Eri Suzuki
胡弓 安藤珠希 Tamaki Ando

第5回公演のお知らせ

2011年7月25日(月)18:30開場/19:00開演
サントリーホール・ブルーローズやってみなはれプロジェクト
『元素』―音楽と舞踏のコラボレーション―

演奏作品:権代敦彦『キンタ・エッセンティア』(委嘱作品初演)
     ジョン=フェリ・ルベル『元素』(1737)


芸術監督:ローラン・テシュネ
演出・振付:伊藤キム
ダンサー:伊東歌織、井上大輔、酒井幸菜、KEKE
演奏:アンサンブル室町


演奏会によせて
世界は元素で成り立っている。
西洋において、元素とは原則として四大元素すなわち、土、水、火、空気であるとされてきました。一方、アジアでは一般に「空間」を加えた五大元素とされています。
音楽でも、絵画や他の芸術の場合と同様、常にこれらの元素が描かれてきました。フランス・バロックの作曲家ジャン=フェリ・ルベル(1666-1747) も、1737年に「四大元素Les Éléments」という充実した作品を書いて、この時代としては当然のことですが、舞踏と結びつけています。冒頭部分(「混沌」)での思いもよらぬ強烈な響きは、西洋音楽史で初の「クラスター」と言えましょう。
21世紀初めの今日、日本人作曲家の権代敦彦氏は、人間性と宗教(Religion) 、それもラテン語の言葉本来の意味(Religare=見えないもの、死者…に結びつける)に強く惹かれています。そして、ルベルの作品から触発されながらも、「5つの元素(五大)」という日本の概念にこだわった新作「Quinta Essentia」を作曲しました。これは、アンサンブル室町のために特別に書かれた作品で、舞踏家の伊藤キム氏率いるダンサーたちと共に上演されます。
去る3月11日、日本が未曾有の地震と津波という、荒れ狂った「元素」に襲われて甚大な被害を受け、それに関連して世界規模での原子力の脅威が引き起こされたことは、まったく心の痛むめぐり合わせでした。この公演では、すべてを失った多くの皆さまへの思いと連帯の気持ちを、ささやかながらも表現したいと思っております。
ローラン・テシュネ

チケット:全席自由 一般4'000円/学生2’500円
     (売上の一部を日本赤十字社を通して東日本大震災被災地へ寄付)


お問い合わせ:アンサンブル室町  080-4407-5445 arts@softbank.ne.jp
サントリーホールチケットセンター 03-3584-9999 http://suntory.jp/HALL/
チケットぴあ: 0570-02-9999 http://t.pia.jp


*お詫び
 本公演のチラシに掲載されております、サントリーホールの電話番号に誤りがありましたことを心よりお詫び申し上げます。正しい電話番号は上記の通りです。


Lundi 25 Juillet 2011 a 19 heures (entrée des 18:30)
au Blue Rose de Suntory Hall de Tokyo

LES ELEMENTS
Spectacle Musique/Butoh


Oeuvres de
Atsuhiko Gondai : Quinta Essentia (creation mondiale)
Jean-Ferry Rebel : Les Elemens (1737)


Laurent Teycheney, direction artistique
Kim Itoh, mise en scene, choregraphie
Kaori Itoh, Daisuke Inoue, Yukina Sakai, Keke danse Butoh
Ensemble Muromachi (ensemblemuromachi.blog116.fc2.com/)
Place sous la direction de Hiroaki Takaha



Avant propos

Le Monde est constitué d’Eléments.
Dans la conception occidentale, ces éléments sont en principe au nombre de quatre : Terre, Eau, Feu, Air*, alors qu’en Asie on en considère généralement cinq en y ajoutant l’Espace.
La Musique a toujours illustré, tout comme la Peinture et l’Art en général, ces Eléments,
a l’instar de Jean-féry Rebel (1666-1747) , qui compose en 1737 « Les Eléments », une oeuvre dense, associant naturellement, en cette période baroque française, la Danse, et dont la violence et l’étrangeté sonné dès le début (Chaos) avec le premier « cluster » de l’histoire de la musique occidentale .
Aujourd’hui en ce début de XXIe siècle, le compositeur japonais Atsuhiko Gondai, passionné par l’Humanité et la Religion dans le vrai sens latin de ce mot (religare :relie...à l’Invisible, aux morts...) , va entrer en dialogue avec cette oeuvre de Rebel tout en imposant sa conception nippone des « Cinq Eléments (Godai) » avec sa nouvelle oeuvre : "Quinta Essentia" spécialement composée pour l’Ensemble Muromachi et élaborée avec le danseur Butoh Kim Itoh et ses Danseurs.
C’est une bien triste coïncidence que, le 11 mars dernier, le Japon ait été si douloureusement meurtri, frappé en deux temps par les Eléments en fureur : Tremblements de terre et Tsunami d’une violence inouïe, menacé de conséquences nucléaires dramatiques à l’échelle mondiale, ce spectacle est aussi l’occasion d’exprimer modestement notre compassion et notre solidarité à tant de gens qui ont tout perdu.
Laurent Teycheney


Prix des places : 4000 yens adulte/2500 yens étudiant
un pourcentage de la vente des billets est destiné à la Croix Rouge Japon (tremblement de terre et tsunami du 11 mars dernier)


renseignements : par email (francais/anglais/japonais) : arts@softbank.ne.jp et tel :080-4407-5445
Suntory Hall Ticket Center : 03-3584-9999 http://suntory.jp/HALL/
Ticket PIA: 0570-02-9999 http://t.pia.jp/



2011年3月11日東京

IMG_1730.jpg  IMG_1733.jpg
IMG_1758.jpg  IMG_1783.jpg
IMG_1817.jpg  IMG_1818.jpg

 3月11日に日本を襲った東日本大震災以降、このブログに何も記しませんでした。

周囲の素晴らしい連帯感、皆の再建築に対する熱意、改めて働く事、日常を取り戻す事、エネルギー政策の見直しや他にも様々なこと。
 この様に賢明で責任感があり、果断に運命を制御する国に将来的な信頼を置くと共に、受け入れてもらっていることを幸せに感じています。
 日本国民は世界中にの人々に絶えず尊敬の念を抱かせ、愛情を生み、感嘆させているのです。

IMG_1821.jpg  IMG_1840.jpg
IMG_1852.jpg  IMG_1867.jpg
IMG_1875.jpg  IMG_1881.jpg

 震災の被災者の方々にお見舞い申し上げ、犠牲となられた方々に心から哀悼の意を表します。
 私が代表を務めますアンサンブル室町は2011年7月25日(火)、サントリーホールブルーローズに於いて次公演「元素」を開催するにあたり、本公演のチケット収益の一部を東日本大震災に寄付させて頂くことにしました。
 今後、より一層人間的な将来、生物的に自然体で、様々な教訓を自覚し、残したいと願うことを未来の世代に相続出来る様に祈っています。

 本年1月4日東京文化会館に於いて開催しましたアンサンブル室町の公演「ポール・クローデルの百扇帖2」の写真を掲載します。
 これらの写真が、私たちの愛する人々の混乱と辛い現状を少しでも和らげることができることを願っています。
 それこそが芸術、そして音楽の力であり、望みでもあると思うのです。

               アンサンブル室町代表 ローラン・テシュネ

LE 11 MARS 2011, TOKYO.

IMG_1885.jpg  IMG_1897.jpg
IMG_1899.jpg  IMG_1908.jpg  
IMG_1940.jpg  IMG_1946.jpg 

Depuis toutes les catastrophes du 11 mars dernier qui ont si durement touché le Japon
je n’avais rien écrit ici.

L’extraordinaire solidarité ambiante, le courage de tous pour re-construire, re-travailler,
reprendre vie, revoir la politique énergetique et tant d’autres choses liées au court et au long terme
m’ont communiqué foi en l’avenir et bonheur d’être dans un pays d’accueil si responsable,
si sage et si résolu à maitriser son destin.

La population japonaise ne cesse en effet, et dans le monde entier, d’inspirer respect, amour et admiration.

IMG_1950.jpg  IMG_1959.jpg
IMG_1963.jpg  IMG_1971.jpg
IMG_1988.jpg  IMG_2003.jpg

L’Ensemble Muromachi, qui donnera son prochain spectacle le 25 juillet au Blue Rose du Suntory hall de Tokyo,
contribuera financièrement à cette solidarité et prie de toute son âme pour les disparus, pour tous ces gens qui
ont tant perdu, pour un avenir proche et lointain plus humain, plus naturellement biologique et conscient
du message et de l’héritage que nous souhaitons tous transmettre à nos futures générations.

Que ces quelques photos, témoignant de notre spectacle du 4 janvier dernier au Tokyo Bunka Kaikan,
contribuent à adoucir la dureté de la vie quotidienne, la pauvreté et le désarroi de tant de gens que nous aimons.
Telles sont aussi la force et l’ambition de l’art et de la musique.

                          Laurent Teycheney

IMG_2013.jpg  IMG_2022.jpg
IMG_2032.jpg  IMG_2035.jpg
IMG_2037.jpg  IMG_2054.jpg

「ポール・クローデルの百扇帖 II」リハーサル風景


IMG_1244.jpg IMG_1248.jpg 
IMG_1353.jpg IMG_1357.jpg
IMG_1419.jpg IMG_1467.jpg



アンサンブル室町ではこれまでに、「豊臣秀吉の夢」(2007年年北とぴあ芸術祭 つつじホール)にはじまり、「邯鄲の夢」(2008年 サントリーホール ブルーローズ)、第1回ワークショップ(2009年東京藝術大学)、「ポール・クローデルの百扇帖 I」(2010年 日本大学カザルスホール)と公演を開催してまいりましたが、2011年1月4日には、東京上野の東京文化会館において、第4回目の公演「ポール・クローデルの百扇帖 II」を開催いたしました。作曲家、演奏家、指揮者、舞踏家、演出家らの多岐にわたる視点を得た公演は、その質の高さにおいてもご好評をいただくことができました。ひとまず、リハーサルの様子を加藤公太君(東京藝術大学美術学部在籍)の撮影による画像でご覧ください。

IMG_1386.jpg IMG_1424.jpg
IMG_1397.jpg IMG_1407.jpg
IMG_1525.jpg IMG_1560.jpg



La Repetition Generale
Après “Le rêve de Toyotomi Hideyoshi »(2007, Festival Hokutopia Tsutsuji Hall), « Le rêve de Kantan » (2008, Blue Rose Suntory Hall), un premier Workshop (2009, université nationale des Beaux-arts et de la Musique de Tokyo/Tokyo Geidai), « Cent phrases pour éventails de Paul Claudel I »(2010, Casals hall de Tokyo), l’Ensemble Muromachi vient de donner son quatrième spectacle : « Cent phrases pour éventails de Paul Claudel II » au Tokyo bunka kaikan de Ueno (Tokyo) le 4 janvier 2011, avec un succès tant qualitatif que quantitatif de tous les points de vue : compositeurs/interprètes/chef d’orchestre/danseurs/metteur en scène, dont je vous propose de decouvrir la repetition generale en images, grâce au concours d’un etudiant photographe de Tokyo Geidai : Kato Kouta.

IMG_1654.jpg IMG_1706.jpg
IMG_1686.jpg IMG_1442.jpg

第4回公演のお知らせ-2011年1月4日-

EM04012011chirashi表       EM04012011chirashi裏

日 時 | 2011年01月04日(火)
     開場18:00 プレトーク18:30
     開演19:00
会 場 |東京文化会館小ホール
    http://www.t-bunka.jp/index.html
住 所 |東京都台東区上野公園5-45
料 金 |一般4,000円 学生2,500円
チケット問合せ|カメラ―タ・トウキョウ Tel:03-5790-5560


概 

■ 出演者/ Interprètes
  アンサンブル室町(和楽器+古楽器)/ Ensemble Muromachi
  ローラン・テシュネ(チェンバロ・芸術監督)/Laurent Teycheney(Clavecin, Direction artistique)
  鷹羽弘晃(指揮)/ Hiroaki Takaha(Direction)
  青木涼子(能謡)/ Ryoko Aoki(Chant Nô)
  市瀬陽子・竹田純・香野竜寛(ダンス)/ Yoko Ichise, Jun Takeda, Tatsuhiro Kono(Danse)
  花柳美輝風(日本舞踊)/ Mikifu Hanayagi(Danse Japonaise)
  関根敏子(プレトーク司会)/ Toshiko Sekine(Présentation)
  福正大輔(演出)/ Daisuke FUkusho(Mise en scène)

■ 作曲家/ Compositeurs
  阿部俊祐/ Shunsuke Abe
  酒井健治/ Kenji Sakai
  末吉保雄/ Yasuko Sueyoshi
  トン・タット・ティエット/ Tôn Thât Tiêt
  アラン・モエーヌ/ Alain Moene
  エディット・ルジェ/ Edith Lejet
  ジャン=フェリー・ルベル/ Jean-Ferry Rebel

■ 演奏会によせて
 『百扇帖』は、こよなく日本を愛し、日本滞在を幾度も重ねたフランスの詩人・劇作家ポール・クローデル(1868-1955)の詩集です。この作品は、1927年頃、俳諧形式で書かれた150の短詩に画家・有島生馬(1882-1974)の書が添えられて、日本で出版されました。

 アンサンブル室町による連続公演は、文学と絵画の優美さを湛えたクローデルの詩集『百扇帖』を土台としています。第1回公演は、2010年に東京の日本大学カザルスホールで開催されました。そして、これから第2回公演を皆さまにご覧いただきます。 

 クローデルが愛した言葉「目で聴く」は、「心と魂の耳」とともに、アンサンブル室町の「複文明的」な響きの実験に刺激を与え続け、過去・現在・未来と記号・音楽・舞踏を統合したスペクタクルへと導いてくれました。

 2011年の新春、芸術が現代社会で果たす重要な役割を自覚している私たち作曲家、演奏家、そして気鋭の芸術家たちが、皆さまとご一緒に、絶えず変化していく創造性を賛美する一夜を分かち合い、新しい年を祝うことができるのは本当に幸せなことです。

ローラン・テシュネ
http://musique-art-vie.seesaa.net/
-------------------
Avant propos

Recueil de très exactement cent-cinquante poésies courtes en forme de Haikai, “Cent Phrases pour Eventails” fut composé vers 1927, au pays du Soleil Levant et d’après les calligraphies du peintre Arishima Ikuma (1882-1974), par l’un des écrivains français les plus passionnés du Japon ou il vécut d’ailleurs à plusieurs reprises: Paul Claudel (1868-1955).

Cette oeuvre, d’une grâce littéraire/picturale infinie, est à l’origine d’une série de spectacles de l’Ensemble Muromachi, dont nous vous proposons ici le second, le premier ayant eu lieu le 24 février 2010 au Casals Hall de Tokyo.

“L’Oeil écoute” relié à cette “Oreille du coeur et de l’âme” si chers à Claudel, en stimulant toujours plus les expérimentations sonores “pluri-civilisationnelles” de l’Ensemble Muromachi, se veulent aboutir à un spectacle unissant Signe/Musique/Danse au Passé/Présent/Futur.

Compositeurs, interprètes, artistes et autres militants conscients de l’importance du rôle de l’Art dans nos sociétés, nous nous faisons un réel Bonheur de partager avec vous cette soirée d’hommage à la créativité humaine en perpétuel devenir et de fêter ainsi dignement ce Nouvel An 2011 !

Laurent Teycheney
http://musique-art-vie.seesaa.net/

2010年7月9日ワークショップ            Workshop 9 juillet 2010

舞踏家伊藤キム氏による第一回ワークショップ

IMG_4777.jpg       IMG_4774.jpg

IMG_4750.jpg       IMG_4750.jpg

IMG_4745.jpg       IMG_4732.jpg

IMG_4716.jpg       IMG_4864.jpg       
IMG_4884.jpg       IMG_4907.jpg



Premier Workshop avec Kim Itoh(Butoh)


IMG_4852.jpg       IMG_4839.jpg       

IMG_4814.jpg       IMG_4793.jpg       
IMG_4928.jpg       IMG_4914.jpg

IMG_4900.jpg       IMG_4720.jpg       

第三回公演ご報告

2010年2月24日アンサンブル室町演奏会「百扇帖」(於 日本大学カザルスホール)
2010_02_24ensemble.jpg  R0010593.jpg


音楽、芸術、そして人間をめぐる、アンサンブル室町の短くも濃密な一週間が終わりました。
その山場となったのが2010年2月24日に日本大学カザルスホールにおいて行われた我々の演奏会です。この演奏会はアンサンブル室町のこれまでの活動の記録と、我々全員(作曲家・演奏家、舞踏家、聴衆の皆さん)の心の中に、深く刻み込まれたことでしょう。

メンバーそれぞれがプロとしての自覚を持って、個人練習から、パートごとによる練習からアンサンブルへ。そして、その指揮において鷹羽弘晃君が卓越した力を存分に発揮してくれました。さらに混成の舞踏(バロックダンス、モダンバレエ、日舞)との共演により、視覚的な力と、ポール・クローデルの「百扇帖」にインスピレーションを得て作曲された作品から生み出される音の力によって、演奏会はすばらしい昇華へと到達しました。

第一部は、チェンバロとオルガンのデュオ作品の演奏。早島万紀子さんのオルガンと共演ができたことは、私にとっての至福でした。当然予想されたチェンバロとオルガンの音における不均衡ですが、私の演奏したチェンバロが類まれな素晴らしい楽器(高橋辰郎氏が奈津陽子のために製作 1990年製)であったことと、カザルスホールのオルガン(ユルゲン・アーレント1997年製)の繊細な音質のおかげで、差し支えなく演奏することができました。世界初演となった山口博史、増本伎共子、高橋喜治、末吉保雄、各氏の作品を演奏。また、日本初演となったグラシアーヌ・フィンズィの「Toujours Plus」を、私とオルガンの大平健介君が演奏しました。

第二部では、素晴らしい二つの初演作品、エディット・ルジェ女史の「Toute la Nature sort de l’Or…」山本和智さんの「図像学」をはじめ、日本初演作品となるルジェ女史の「Bruit de l’eau sur de l’eau…」では、二人のバイオリニスト(堀内由紀さん・長岡聡季君)による演奏と花柳美輝風さん、藤間豊彦さんの日本舞踊の共演が、見事に繰り広げられました。最後に、私がアンサンブルの全奏者のために編曲したダリウス・ミヨーの「六つの舞曲による三楽章」が、市瀬陽子さんのバロックダンスと竹田純さんのモダンダンス、さらに上記の日本舞踊の二人との共演によって演奏されました。錬金術による見事な変容にも似た、前途洋々たる「過去・現在・未来」につながる舞台となりました。アンサンブル室町バンザイ!
アンサンブル室町代表 テシュネ・ローラン
R0010542.jpg R0015762.jpg R0010540.jpg R0015795.jpg



Concert du 24 Février 2010 au Casals Hall de Tokyo

Nous venons de vivre une semaine courte mais intense, tant sur le point musical et artistique
que sur le plan humain, semaine dont le point culminant fut bien sur notre concert du 24 février 2010 à Casals Hall, qui restera grave dans les annales de notre Ensemble Muromachi et dans nos coeurs à tous: compositeurs/ interprètes-musiciens danseurs /public.

Un travail individuel, par petits groupes puis de l’Ensemble que chacun a assumé de façon
très professionnelle, dirigé avec maîtrise et générosité par Hiroaki Takaha, une pensée choregraphique mixte (baroque européenne+ballet moderne+danse japonaise), le Spectacle aboutit à une magie visuelle et sonore portée par l’alchimie des oeuvres conçues et créées en osmose avec les “Cent Phrases pour Eventails” de Paul Claudel.

En première partie, des oeuvres pour Clavecin et Orgue en duo, Makiko Hayashima m’ayant fait le Bonheur de jouer avec moi, et grâce à l’extraordinaire clavecin que Tatsuo Takahashi construisit en 1990 pour Natsuyoko et grâce aussi à la subtilité des registres de l’Orgue de Casals Hall (construit en 1997 par Jurgen Ahrend) l’effet a priori “disproportionné” entre le Clavecin et l’Orgue fut heureusement evité.
Des créations mondiales de Hiroshi Yamaguchi, de Kikuko Masumoto, de Yoshiharu Takahashi, de Yasuo Sueyoshi, ainsi que la création japonaise de “Toujours Plus” de Graciane Finzi que Kensuke Ohira interpréta avec moi.

En seconde partie, deux magnifiques créations: “Toute la Nature sort de l’Or…” de Edith Lejet et “Iconographie” de Kazutomo Yamamoto, la création japonaise de “Bruit de l’eau sur de l’eau…” de Edith Lejet, superbement interpretée à deux violins par Toshiki Nagaoka et Yuki Horiuchi qui accompagnèrent la chorégraphie en danse japonaise de Mikifu Hanayagi et Toyohiko Fujima, enfin l’arrangement des “Six danses en trois mouvements” de Darius Milhaud que j’ai realisé dans le but de réunir tout le monde ( interprètes!) et avec Yoko Ichise à la danse baroque et Jun Takeda pour la danse moderne et nos deux danseurs de danse japonaise ci-dessus nommés, une mixture menant à l’or de la manière la plus alchimique qui soit, pour un Passé/Présent/Futur plein de promesses: Vive l’Ensemble Muromachi!
Laurent Teycheney
DSCF0816.jpg R0010616.jpg R0010620.jpg R0010624.jpg

コンサートのお知らせ 2月24日 -ポール・クローデルの「百扇帖」-

2010年2月24日(水)19時より、日本大学カザルスホールに於きまして、アンサンブル室町の第三回公演―ポール・クローデルの「百扇帖」―が開催されます。
今回の公演では、エディット・ルジェ(フランスより本演奏会の為来日)、末吉保雄、増本伎共子、山口博史、山本和智、高橋喜治の作曲家各氏がアンサンブル室町のために書いてくださった作品が演奏されます。
アンサンブル室町表 アンサンブル室町裏

演奏会によせて
『百扇帖』は、俳諧の形式で表現された150の短い詩句による詩集(1926)です。作者は、ポール・クローデル(1868~1955)。このフランス人作家は、こよなく日本を愛し、幾度も滞在しました。そして詩集を日本で、それも日本人書道家と共同制作したのです。
 今回の公演は、この実に優美な文学作品『百扇帖』から生まれました。全体は2つに分かれています。第1部は「チェンバロ+オルガン」という2つの楽器によるデュオで、これまでの「チェンバロ+シリーズ(1.日本、2.ハープ、3.打楽器)」に続くものです。そして第2部は、「アンサンブル室町」による前代未聞の<複合文明的>響きの実験であり、記号・音楽・過去の踊り・現在・未来を結びつけるスペクタクルでもあります。
 今宵このホールで、作曲家、演奏家、俳優、さらには現代社会における芸術の役割の重要性を自覚して活躍する人々が集まり、聴衆の皆さまとともに、絶え間なく変転していく人間の創造性に捧げるひとときを共有できるのは、本当に幸福なことだと思っております。
ローラン・テシュネ

groupe.jpg edith lejet makiko hayashima

作曲家・作品タイトル
エディット・ルジェ 「Tout la Nature sort de l’Or...」(委嘱作品初演)
          「Bruit de l’eau sur de l’eau...」「Triptyque」(日本初演)
末吉保雄 「Jizô石佛」(委嘱作品初演)
増本伎共子「悪魔と神様」(委嘱作品初演)
山口博史 「デュオ」(委嘱作品初演)
山本和智 「図像学」(委嘱作品初演)
高橋喜治 「ポール・クローデルの『百扇帖』による二重奏詩」(委嘱作品初演)
ダリウス・ミヨー「6つの舞曲による3楽章」
グラシアーヌ・フィンズィ「Toujours plus」(日本初演)

006.jpg Sueyoshi Yasuo

出演・メンバー
チェンバロ・芸術監督:ローラン・テシュネ
オルガン:早島万紀子
ダンス:市瀬陽子、竹田純
指揮:鷹羽弘晃

日本舞踊:花柳美輝風、藤間豊彦

和楽器
三味線: 守啓伊子、簑田弘大
箏: 田中奈央一、日吉章吾、平田紀子
琵琶: 久保田晶子
笙: 増田千斐
篠笛: 新保有生
尺八: 渡辺元子、黒田慧
胡弓 安藤珠希
打楽器: 盧慶順
篳篥: 国本淑恵

古楽器
オルガン: 大平健介、新妻由加
チェンバロ: 平山亜古
ヴィオラ・ダ・ガンバ: 小澤絵里子、橋爪香織
バロック・ギター: 橋口淳一
バロック・バイオリン: 堀内由紀、長岡聡季
リコーダー: 森吉京子
トラヴェルソ: 川端勇輝、長島有紀
バロック・オーボエ: 小野智子
打楽器: 今井文香

マネージメント:介川貴晶

PC050020.jpg jun takeda

Le trosième concert de l’Ensemble Muromachi, -Cent Phrases pour Eventails de Paul Claudel- aura lieu à partir de 19:00 le 24 février 2010 à Nihon University-CASALS HALL.
Avant-propos
Recueil de très exactement cent-cinquante poésies courtes en forme de Haikai , "Cent Phrases pour Éventails" fut compose vers 1926 , au pays du Soleil Levant et avec la collaboration de peintres-calligraphes nippons, par l'un des écrivains français les plus passionnés du Japon où il vecut d'ailleurs à plusieurs reprises : Paul Claudel ( 1868-1955 ). Cette oeuvre littéraire d'une grâce infinie est à l'origine du Spectacle que nous vous proposons ici, divise en deux parties : l'une consacree au duo instrumental "Clavecin + Orgue" qui fait suite a la série de concerts "Clavecin+ (Japon I / Harpe II / Percussion III ), l'autre à l'Ensemble Muromachi et à ses experimentations sonores "pluri-civilisationnelles" inouies, en un spectacle unissant Signe/Musique/Danse au Passe/Présent/Futur.
Compositeurs, interprètes, artistes et autres militants conscients de l'importance du rôle de l'Art dans nos sociétés, nous nous faisons tous un réel Bonheur de partager avec vous cette soirée d'hommage à la créativité humaine en perpetuel devenir.

Laurent Teycheney

hiroaki takaha PB160040.jpg takahashiyoshiharu.jpg

Compositeurs, Titres des oeuvres
Edith Lejet 「Toute la Nature sort de l’Or」
 「Bruit de l’eau sur de l’eau」
 「Triptyque」
Yasuo Sueyoshi  「Jizô」
Kikuko Masumoto  「Le diable et Dieu」
Hiroshi Yamaguchi 「Duo」
Kazutomo Yamamoto 「Iconographie」
Yoshiharu Takahashi 「Duo poetique du Cent Phrases pour Eventails de Paul Claudel」
Darius Milhaud  「Six danses en trois mouvements」
Graciane Finzi  「Toujours plus」

Interprètes, Membres
Clavecin, Mise en scène: Laurent Teycheney
Orgue : Makiko Hayashima
Danse : Yoko Ichise, Jun Takeda
Direction : Hiroaki Takaha

Danse japonaise: Mikifu Hanayagi, Toyohiko Fujima

Instruments japonais
Shamisen : Keiko Mori, Kohdai Minoda
Koto : Naoichi Tanaka, Syogo Hiyoshi, Noriko Hirata
Biwa : Akiko Kubota
Sho : Chiaki Masuda
Shinobue: Aria Shinbo
Shakuhachi: Motoko Watanabe, Kei Kuroda
Kokyu: Tamaki Ando
Percussion: Keijun Lo
Hichiriki: Sumie Kunimoto

Instruments Baroque
Orgue: Kensuke Ohira, Yuka Nitsuma
Clavecin: Ako Hirayama
Viola da gamba: Eriko Ozawa, Kaori Hashizume
Guitar baroque: Junichi Hashiguchi
Violoncelle baroque: Yuki Horiuchi, Toshiki Nagaoka
Flûte à bec: Kyoko Moriyoshi
Flûte traverso: Yuuki Kawabata, Yuki Nagashima
Hautbois: Tomoko Ono
Percussion: Fumika Imai

Management : Takaaki Sukegawa

groupeb.jpg k-yamamoto.jpg

Extra

プロフィール

アンサンブル室町

Author:アンサンブル室町

アンサンブル室町は和楽器とバロック楽器による混合編成を基本に、演劇・舞踊とのコラボレーションによるこれまでにない音楽表現を追求しています。

メンバーには若手実力派の日本伝統音楽・バロック音楽奏者を中心に、若手の作曲家、俳優、ダンサーが名を連ねます。

アンサンブル室町は、東洋(日本)/西洋(ヨーロッパ)、過去/現在/未来という空間と時間を超えた芸術表現の探求します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。